セルライトって潰したらなくなりますか?

こんにちは、福井市開発エステサロンsakura井上です。

 

「セルライトって潰したらなくなりますか?」

 

「セルライトがなかなか落ちてくれません」

 

このように、お客様からセルライトに関してのご質問やご相談をよく受けます。

 

 

先日来られた新規のお客様も

「運動や食事では無理、エステじゃないと落とせない」と他サロンで言われたとか

ビックリ発言が飛び出しました。

 

(ちなみにどこかをディスっているわけではありませんw)

 

結論からいうと、潰してなくなるというイリュージョンはおこりませんからね。

 

さて、今回は「セルライト」について詳しく書いてみます。

 

 

・そもそもセルライトって何??

 

 

実際にセルライトというものがある、と思っている方が多いようですが、

 

セルライトって特別なものではなくて「脂肪」ですよ!笑

 

 

セルライトという言葉はもともと、ヨーロッパのエステ業界が作った言葉で「造語」なんです。

 

医学用語にはありません。

 

でも、ひとことで脂肪といっても「内臓脂肪」「皮下脂肪」「セルライト」と表現した方がとてもわかりやすいので、私も「セルライト」という言葉はよく使っています。

 

 

セルライトというのは、皮膚の中にあるコラーゲンの繊維が、脂肪のまわりにからみついて硬くなった状態。

 

血行が悪い部分や、筋肉の量が少ない部分に特につきやすく、皮膚がボコボコして見えます。

 

 

で、私が言うのもアレなんですけど、

セルライトは脂肪ですからエステサロンじゃないと落とせない、なんてことはありませんし

基本的には体脂肪率が下がるとともに落ちます。

 

 

ですから「セルライト」を解消したい場合は、皮下脂肪を落としやすくするケアと同じ、揉み潰すのではなくて、循環促進と脂肪燃焼がポイントです。

 

 

・脂肪は「分解」するだけでは減りません

 

 

脂肪は「分解」されただけではなくなりません。

 

分解されたあと「燃焼する」までいかないと減らないのです。

 

せっかく脂肪を分解するためのホルモンが出ても、空腹状態になったり、運動して脂肪が分解されやすい状態になったとしても、

 

血行がよくない場所は優先的に脂肪が落ちにくいようになっています。

 

ですから、循環をよくして筋肉を動かして燃焼させるというところまで完結させることを、ぜひ頭に入れておくことをおすすめします。

 

 

サロンでのトリートメントでは、その脂肪が落ちにくくなっているところへのアプローチとして、

 

温めたり、血行をよくし脂肪が分解されやすい状態をつくっています。

 

わかりやすくいうと「環境づくり」ですね。

 

 

また、皮膚のボコボコの原因となっているコラーゲンはゼラチン質なので、温めることで多少はやわらかくなります。

 

ガチガチに硬くなっている繊維が柔らかくなることで、皮膚表面のボコボコがなめらかになるので目立たなくしていくことは可能です。

 

そういった意味で、皮下脂肪と同時にセルライトも落ちやすくなっていくのではないかと私は解釈しています。

 

セルライトは組織がダメージを受けている状態なので、そこを強く潰すと損傷が悪化するだけで改善にはなりません。

 

温めたり、揉みほぐして、その場でダイレクトに脂肪が減るということはありませんので、ちまたの広告や情報にまどわされないようご注意くださいね。

 

 

・セルライト対策は何をしたらよいのか?

 

 

さて、脂肪が膨らむだけでなく、皮膚がボコボコしてしまうセルライト。

 

結局、予防や対策としては、何をしたらよいのでしょうか?

 

 

先ほど、セルライトがつきやすいのは「血行が悪いところ」「筋肉が少ないところ」と書きました。

 

その気になる部分を「動きやすくすること」と、「鍛えること」です。

 

 

まずは、気になる箇所のすぐ近くの関節をしっかり使えるようにすることが大事です。

 

例えば、二の腕なら肩や肩甲骨、ヒップなら股関節まわり、太ももなら膝、ふくらはぎなら足首、といったように、皮下脂肪が気になっているパーツの近くにある関節の動きをスムーズに使えるようになること。

 

そして、その周辺の筋肉をしっかり使えるようにすること。

 

 

関節をちゃんと動かせない状態で運動をするとカラダを傷めますので、まずはカラダの使い方に気をつけてくださいね。

 

そして、筋肉をしっかり動かせるようにすることで、筋肉のポンプ作用が働くので血液や体液の循環がよくなります。

 

筋肉量が少ない人は、脂肪が燃えにくい状況をつくってしまっているので、筋肉をつくるためのタンパク質をしっかりとったりと、食事もとても大切になってきます。

 

 

脂肪を落としたい人は、特に食事の改善が必要です。

 

カロリー収支はもちろん、食べる量、食べる種類を意識していくことは必須となります。

 

 

つまりシンプルにまとめると、日常に「食事の改善」「運動を取り入れること」が必要です。

 

・・・ですが、それができればもうやってますよね。笑

 

管理がなかなか難しい。。

 

ってなった時の為に、補助的な役割のジムやエステサロンなどがあると思ってください。

 

筋トレやサロンの施術は、ピンポイントで気になる部分にアプローチできるというメリットもあります。

 

ただですね、知識のないトレーナーやエステティシャンにあたると残念なことになります。

 

セルライトを力づくで揉みほぐせばいいと考えているような、

 

または最新のマシーンがあれば効果がだせると思っているような人にあたるとアウトです!笑

 

 

 

それからもうひとつ大事なことは「長期戦」でやるということです。

 

例えばサロンの施術に関してですが、

 

サロンのお客様からよく「何回くらいやれば痩せますか?」といった質問をされることが多くあります。

 

これは私の考えですが、施術の回数にライフスタイルを合わせるよりも、必要な時に必要なぶんだけサロンケアを入れるという考え方にシフトした方がいいと思います。

 

そのために都度払い可能で、利用しやすい設定にしています。

 

一生付き合うカラダですから、ボディメイクや体質改善、メンテナンスって終わりがないですよね。

 

 

 

ただ、施術に関していうと、ある程度目安(目標)があった方がやりやすいと思うので、

 

2か月、3か月とか1年とか

 

その目安の中で、自分にとって必要な回数をやればいいと私は思っています。

 

ライフスタイルによって週に1回ペースで来れるのか、月に1回来れるのか違ってきますしね。

 

できるだけ早く痩せたい、細くなりたいという気持ちはわかりますが、

 

特にアラフォー女性の場合、ただただ急激にカラダをしぼませるやり方をしたらアウトなので、できるだけ長いスパーンで継続してケアすることをおすすめします。

 

 

何故こういった話を書くのかというと、私のサロンのお客様には「その場しのぎ」のものに走ってほしくないんですよね。

 

流行に流されずに、自分のカラダと向き合ってそして自分のカラダを大切にしていただきたいのです。

 

ですから、お客様にも長く役に立つ知識をつけて頂いて、自分で管理ができる女性になっていただけるように、ちょっと面倒な話をしつこく書いています。笑

 

 

 

てことで、長くなりましたが、

 

セルライトは何をやっても落ちない、という思い込みをリセットして無駄な脂肪を落としていきましょう。

 

いつもいってますが、何事も制限するのではなく改善ですよ♡

 

それではまた!

 

セルライトの気になる部分を一気に循環促進していくキャビテーションコース、一度お試しください

関連記事

PAGE TOP