ボタニカルだから安心というわけではない理由

先日ご来店されたお客様、Yさん。

「実は、ずっと肌が荒れていて来れなかったんです。

ボタニカルクレンジングの試供品を

使ってみたら、顔がかゆくなって

しばらく肌がボロボロだったんです。」

 

まず、初めて使う化粧品で

「赤み」「かゆみ」「刺激」「大量のニキビ」「膿み」

などが出た場合は、そのアイテムはあなたの肌には

<合ってない>です。

すぐに使用をやめてくださいね。

 

まさか、こんな方は今は

いらっしゃらないと思いますが

<好転反応>とかいう言葉を

鵜のみにしないようお気をつけくださいw

 

さらに、Yさんから詳しくお話を伺うと

なんと過去にも

「ボタニカル」のシャンプーで

頭皮が荒れたことがあるそうです。

 

「ボタニカル」という言葉だけを見ると

つい、肌に優しそう、安心かも

と思ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

 

ですが、今日は

「ボタニカルだからといって安心とは限らないですよ!」

という話を書いていきますね。

 

ボタニカル製品を否定するのではなくて、

あくまでも

日用品を購入する際に参考になればと思います。

 

 

ボタニカルとはなんぞや??

っていう方もいらっしゃるのかな??

 

ボタニカルは

「植物由来の」という意味があります。

最近は、ドラッグストアやネットショップでも、

シャンプーや化粧品などの

ボタニカル製品が目立ちますよね。

 

で、注意していただきたいのは

「ボタニカル製品」と「オーガニック製品」を

混同しないことです。

 

●ボタニカル ⇒ 植物由来のもの

●オーガニック ⇒ 原材料に化学肥料や化学農薬が使われていないか、

動物実験をしていないか、安全性のあるものかなど、

厳しい基準をクリアしていることが認められたもの。

 

つまり、「ボタニカル」と表記されていても、

植物由来の成分が入っている製品というだけで

安全性が約束されているわけでないのです。

 

「ボタニカル」がいいとか、

「オーガニック」だからいいという基準で、

安易にアイテムを選ばない方がよいですよ、

ということです。

 

 

私は肌が丈夫な方なので

ボタニカル製品を楽しむことが

可能なのですが、

 

Yさんのように「ボタニカル製品を使うと肌が荒れる」といった人は、

おそらく「植物の成分」に反応してしまう可能性が高いので、

ボタニカル製品だけでなく、

アロマ系製品にも気をつけた方がよいですね。

 

 

もし、合わない化粧品がわかった時は、

成分表をざっと見ておくことをおすすめします。

 

 

覚えなくても、見る癖をつけておけば、

「そういえば以前にかゆみが出た時にも、

この成分が入っていたかも~」と、

いずれわかるかもしれませんからね。

 

 

失敗は、自分の肌を知るための

データ集めにもなります♪

 

 

自分に合わないものを知ることが

合うものを見つける時のヒントとなります。

 

 

植物の成分というのは、

薬にもなれば毒にもなるので

お気をつけください。

関連記事

PAGE TOP