癒着しているってどういうことですか??

サロンのお客様にとっては

「癒着」って言葉、

聞き慣れていないかもしれませんね。

 

癒着というのは、

筋肉、筋膜、骨が

くっついてしまった状態のことです。

 

例えば、新鮮なお魚は骨と身が

キレイにポロポロっとはがれますよね。

鮮度の落ちたお魚だと、

骨と身がくっついてしまって

うまくはがれてくれません。

 

この差は、

「新鮮な血液が流れているかどうか」

の違いなのです。

 

人間も同じで、

筋肉が縮んで硬くなって

血流が悪くなっているところは、

骨と筋肉がビチャッ!と

くっついてしまっています。

 

これが「癒着している状態」です。

 

では、

なぜくっついてしまうのでしょうか。

 

筋肉の外側を

ソーセージの皮のように

包み込んでいるのが筋膜です。

 

筋膜は「結合組織」といって

薄い膜というよりは、

厚みがあって

そこには、

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった

粘液状のものがたっぷりつまっています。

 

血流がわるくなったりして

液体がうまく流れない状態になると、

ヒアルロン酸の満たされている部分の

粘度が増すので二チャッ!っとした状態になります。

 

本来、ヒアルロン酸がサラサラしていれば、

体を動かして

筋膜と筋膜がぶつかっても、

うまく滑り合ってくれるので

スムーズに体が動きます。

 

ですが、

筋膜の粘度が強いと、

筋肉と筋肉、筋肉と骨が

びちゃっ!と

くっついてしまうのです。

 

これが癒着です。

 

筋膜は、ボディースーツのように

全身を覆っています。

 

繋がって連動していますから、

どこか1か所でも癒着があって

引きつれがあると、

バランスが崩れてしまいます。

 

そのバランスの崩れが

痛みや不調のもとになる

可能性があるんです。

 

首、肩がこる、

痛みがある

疲れやすい。。。など

不調を感じていらっしゃるとき、

体のどこかでは

癒着がおこっているのかもしれません。

関連記事

PAGE TOP