目指すのは「痩せること」じゃない!コンディショニングでカラダを目覚めさせること♡

「痩せてるね」「細いね」
そう言われたら嬉しいですか??

 

ほんとうにほんとうに、それは
褒め言葉ですか??

 

今って「ダイエット」という言葉を
ほとんどの人が「痩せる」とか「減量」
などの意味で使っています。

 


ですが、そもそもダイエットって
「食事療法」って意味なんですよ。

 

ダイエットという言葉がひとり歩きするくらい、それくらい女性ってすぐに簡単に
ダイエットしなきゃ!って考えるのは、「痩せたらキレイになって評価が上がる」という認識だからなのかな、と思います。

 

痩せている人がキレイ?
ほんとうにそうなのでしょうか??

 


よーーーく考えてみてくださいね。

 

私個人的には、サロンのお客様には
ダイエットとか、痩せるという言葉は
できるだけ使わないように意識しているんですよ。

 

40代以上の女性に「痩せてる」「細い」という言葉は、私の中では褒め言葉ではないと感じているからです。

 

 

健康上に問題があるほど太っている人の場合は、生活や思考を見直す必要がありますけど、これについて今日はここでは書きません。

 

 

必要がない人が痩せるって、「不健康な方に矢印を向ける行為」だと思うんです。

 

痩せた ⇒ やつれた
細い ⇒ 貧相

 

というふうに、痩せることは
老けるのを加速させてしまいます。

 

普段「年齢」とか気にしていなくても
やはり「物理的な影響」はさけられません。

 

 

40代以降になると、ホルモンバランスが崩れやすくなります。皮膚が萎んだらシワたるみが目立ちますし、冷えやすくもなったり、メンタルも不安定になりやすいです。

 

こういった不安定要素が多い状態のお身体に、さらに痩せようとして、負荷をかけるのはご法度。

 

それよりも、
少しでも巡りのよい
ためこまない身体づくりを
意識した方がよいです。

 

痩せよう!
アンチエイジングしよう!
若作りしよう!などの
浅はかな行為は
痛々しいのでおすすめしません。笑

 

いま必要じゃないことはやらない。
自分が心地よく感じることをやる。
余裕があるときにチャレンジを楽しむ
くらいのスタンスで、
「本来の美しさを保つ」というくらいが
ちょうどいいのではないかなと思います。

 

やることは美容法探しではなく
「意識改革」♡

 

新しい美容法ジプシーになったり
コスメを楽しむことよりも
意識改革をして感性を磨きながら
自分の「スタイル」を確立していくことが
大人の「美活」だと私は思っています。

 

あと、ついでにこの際に
はっきり書いておきますね。

 

エステティックで脂肪は燃焼しませんし、
手で揉みだしたり潰して
脂肪が減ることはありません。

 

それから、エステだけに限りませんが
骨盤や頭蓋骨が
手技で動くこともありえません。

 

よく考えたらわかることなのですが、
まだまだ一般的には
浸透していないのかなーと
感じることが多いです。

 

当サロンでは
「痩身」「ダイエット」「減量」
などは謳わないですし、
ファスティングも推奨しておりません。

 

大幅に体重を落とすことを
頑張りましょう!
などという接客やトークは
私個人としては絶対にNGとしています。

 

サロンのお客様には
誇大広告や嘘に振り回されずに
自分のスタイルを確立して
賢く生きていただきたいと思います。

 

そもそも、
危機感をあおられて何かやり始めても、
よほどストイックな人でなければ
モチベーションが続かないのがオチですね。

 

では、エステティックサロンでは
何をするの?って話ですが、当サロンは、
コンディショニングでカラダを目覚めさせる場所だと考えています。

 

お客様との共同作業で
コンディショニングをしながら
美しいスタイルを作り上げていきます。

 

ですから、痩せることを目指すのではなく、
コンディショニングをしながら
自分の身体と向き合って
ぜひ、いろんな気づきを
得ていただきたいです。

関連記事

PAGE TOP