化粧品選びよりも大切!美肌づくりのためにできること②

先日書いた、
化粧品選びよりも大切!美肌づくりのためにできること①

その続きです。

 

前回の記事では、
化粧品選びよりも、
基底細胞へ栄養を届けることが
大事だということを書きました。

 

「生きている細胞」に対しての
アプローチがとても大切です。

 

美肌づくりのためにできること
ポイントは2つ!
「予防」「ケア」です。


これから生まれてくる新しい肌が
トラブルにならないように
予防すること、

そして現在の肌トラブルに対してのケア
それぞれについて
考える必要があるんです。

 

予防としては、
「保湿」と「UVケア」
これらが必須です。

 

保湿と言われると、
一般的には、
肌を潤わせるために
たくさん水分を与えればいいと
思われがちなんですよね。

 

でも、どれだけ与えるか、
よりも、「水分を蓄えるチカラ」
の方が、とっても大切なのです。

 

水分を蓄えるチカラは
細胞にあります。


畑の土が悪いと、
作物が元気に育たないのと同じで、
お肌も、細胞を育てるための
水分と栄養たっぷりの環境づくりが必要です。

 

細胞を育てるためには
血流を良くして酸素や栄養を
きちんと届けること。

 

しっかり届けるためには、
血流と間質液に影響のある
ストレスケア、睡眠、正常なホルモン分泌
が必要です。

 

そして、食べ物からとった栄養が
ちゃんと吸収できるよう
腸内環境を整えておくことも
とても大切ですね。

 

もう、ご理解いただけたでしょうか。

 


高価な化粧品を使うことや
たくさん水分を与えること
だけでは、キレイな肌になれないわけを。

 

「お肌を育てていく」
この感覚をどうぞ、
忘れないで頂けたらと思います。

 

そこがわかれば、
過剰なスキンケアは意味がないと

ご理解いただけるかと思います。

 

化粧品をお肌にのせると
届くのは「角質層」の部分まで。

 

化粧品を塗って
肌が白くなるなんてことは
ありません。

使って白くなったように見える場合は
実は、白い成分が入っていて
肌が明るく見えるように演出していたりします。

 

さらに、
わずか0.02mmの薄さのところに

いらない角質って
どのくらいあるのでしょう。

そこに
毛穴ごっそりパックを貼って
思い切り剥がしたら、
どれくらいの負担がかかるか
想像できますか??

 

他にも、
普段なにげなくやっている
「こする」などの刺激、
肌にとっては大敵なのですよ。

実は、たまに
コスメカウンターのBAさんでさえも
指のタッチが強かったり
コットンで「こする」人がいます。

 

一般の方にはわかりづらいかもしれませんが
化粧品はラップ1枚分の薄さのところの
ケアをしていること、
これを頭に入れておいてくださいね。

 

化粧品は、薬ではないので
治すことはできません。

ですが、「予防管理」を
サポートしてくれます。

 

そして、
キレイ、かわいい、
気分が上がる、優越感がある、
いい香りがする、など
女性をとても豊かにしてくれるもの
だと思います。

 

自分のお肌を育てていく過程で
賢く、楽しく、活用していきたいものですね。

関連記事

新着記事

サロン情報

営業時間:AM10:00~PM19:00
定休日:日曜日
完全予約制 / 女性専用
LINE@ ID: @sakurafukui

PAGE TOP