肩こりの原因は「肩」にはありません

肩がこる、または痛いから「肩をほぐす」
肩こり対策のために「肩をまわす」
これで、肩こりが解消されることはありません。

経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、
肩をほぐせばほぐすほど
悪化してしまう場合だってあるんです。

身体はひとつなぎになっていますから
一部分だけに特化して
集中ケアをしても結果が出にくいのです。

 

身体の痛み、不調は
筋肉とリンクしていることが多いので、
できるだけ筋肉についての
正しい知識を頭に入れて、
日頃の対処や予防、そして、
マッサージ店選びの参考にしたりと、
日常に役立ていただけたらと思います。

痛い!つらい!自覚症状は「背面」に出る

首、肩、腰に痛みや不調を抱える方って多いですよね。

痛みなどの自覚症状って、
背面に出やすいんです。

 

よっぽど腹筋をしすぎて筋肉痛になったとか、
胃腸の調子が悪くて痛い
などといったことはあると思いますが

普段は、前面よりどちらかというと、
背面に痛みを感じる方が多いんじゃないでしょうか。

 

筋肉の特徴には2種類あります

①伸びて緊張し強張った状態の筋肉
⇒ 
自覚症状が出やすい

②縮んで緊張してかたまった状態の筋肉
⇒ 押すと痛みがある

首、肩、腰などは、
背面の筋肉が伸びて緊張を起こして
自覚症状が出ています。

 

で!!
よくあるのは、こういう人が
マッサージに行って
「肩と背中が辛いんです」って言うと、
施術者が「じゃあ、今日は
肩と背中を集中してほぐしていきますね」
って言って、ガシガシほぐすんです。

伸びて固まったところをさらにほぐすと
どうなるか!??
想像つきますよね??

 

ますます伸びますw

 

ほぐせばほぐすほど
伸びてかたまり自覚症状が出る
この繰り返しです。

何回も頻繁に通っているのに
辛いまま。。。
そんな経験ありませんか?

 

背面が伸びている場合のほとんどが
姿勢が悪く、
猫背や巻肩、ストレートネック。

背中側の筋肉は伸び、
前側の首、胸、腹部の筋肉が縮んでいます。

 

なので、
ゆるめるべきは
背面よりも身体の「
前面」です。


縮んだ筋肉を緩めてのばすことで
身体の前後のバランスが整うわけです。

 

姿勢を戻すことで、
筋肉による不調が
改善されるのです。

 

ちなみに腰痛も同じで
腰自体をほぐすよりも
お腹を揉んだ方がよくなりやすいです。
(あくまでも絶対ってことではなくて、
そういった人が多いということです。)

肩をまわすだけではとれない肩こりのセルフケア法

首、肩こりがつらい人は
治療院、整体、エステサロン
どこかに行ってケアをしていますよね。

その場では身体がとてもラクになり
軽やかにはなっても、
また元に戻ってしまうことも多いです。

 

日常の身体の使い方の習慣、
癖から姿勢がつくられているので、
プロのケアだけでなく、
やはりセルフケアは必須です。

 

肩がこるから肩をぐるぐる回したり
背中が痛いから
背中を強くマッサージしても
解決にならないことは
もうご理解いただけたと思います。

 

それでは、縮んでかたまってしまった
首の前や胸の筋肉をゆるめて
伸ばすためのセルフケア法をお伝えしていきますね。

 

私のトリムリターンの先生の動画です♡

 

♥肩が内旋して前側が縮んでいる人のためのストレッチ法

 

♥猫背、肩の内旋、肩が前に倒れた姿勢の解消法

2つ目の動画の方は、
トリムリターンを受けていらっしゃる会員様には
特におすすめです。
(あの痛い部分ですよw)


ストレッチは、
かたまっている部分を
ただただ伸ばす
というよりも、

「縮んだ筋肉を伸ばして
元の状態に戻す」ことが目的です。

 

時間も場所もとられず
忙しい主婦の皆さまにも
簡単にできるものなので、
ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

わかりづらいところがあったら
ご来店の際にきいてくださいね❤

関連記事

新着記事

サロン情報

営業時間:AM10:00~PM19:00
定休日:日曜日
完全予約制 / 女性専用
LINE@ ID: @sakurafukui

PAGE TOP